投資方針

基本はインデックスの全世界投資です。

  • 株式 [75%]
    • S&P500
    • NASDAQ100
    • 日本中小型株ファンド
    • 米国個別株
    • JPMアジア株・アクティブ・オープン
    • エネルギーセクター ETF
    • 各種レバレッジファンド
  • 債券 [15%]
    • 米国長期債券ETF(2621,TLT など)
    • FTSE世界国債インデックス(2511)
  • コモディティ [10%]
    • 金・銀・プラチナ ETF
    • コモディティ(DBA & DBC)ETF

最近はこのようなラインナップになっています。

株式は「アメリカ」「日本」の2本柱で構成。
新興国株式については「JPMアジア株・アクティブ・オープン」で少量だけ保有しています。
ヨーロッパは投資対象にしていません。
「エネルギーセクター」は「S&P500」と比較して相関性がとても低く多様性に繋がると考え保有しています。
「レバレッジファンド」については肯定派でして、資産全体の3割程度までであれば保有して問題ないと考えています。

「長期債券」は「株式」との相関性が低いので株式とのリバランス用です。

「FTSE世界国債インデックス」や「金・銀・プラチナ」といったコモディティは現金の代替資産として考えています。まだ運用資産が少ないのすが、多くなってきた時に重要度が増す投資対象だと考えています。